2017年11月5日日曜日

2017年の遊走は無事終了しました

鉄道遊走、里見です。

10月の急行「ゆのさぎ」運行から、早1ヶ月が経とうとしています。
私個人的なことではありますが、運転終了からのスケジュールが結構鬼畜でして、ほっと一息、細かい残務整理に着手し始めたのがこのタイミングとなりました。

さて、改めまして10月の急行「ゆのさぎ」にお越し頂きました皆様、誠にありがとうございました。
そして、いつも募金の方をお願いしておりますが、本祭含めまして3日間で、

50480円
※コスプレ団体からの寄付金、25500円を含む

となりました。全額、今回の運行資金に充てさせて頂きました。(一般開放列車のみ、コスプレ団体共同企画列車および団体列車分を除く)
誠にありがとうございました。

お陰様で、10月の急行「ゆのさぎ」で運転本数が69往復となり、来年には70往復目を迎えることとなります。これからも10年目、100往復を目指して頑張って行きたいと思いますので、応援の程、よろしくお願い申し上げます。

2017.10.7 のと鉄道七尾線笠師保〜能登中島間 9141D「ゆのさぎ5号」〜ぼんぼり列車〜
来年も輝きたいんです!!

2017年10月5日木曜日

10月7日 急行「ゆのさぎ」運転およびイベント開催に伴う運用変更について

鉄道遊走、里見です。

いよいよ急行「ゆのさぎ」運行も今週末に迫って来ましたが、頂いた資料から現段階(10/4)で告知がなされていない運用変更情報がありましたのでお知らせ致します。

2017.7.16 のと鉄道七尾線穴水駅 144D(左) 本来146Dに充当されるはずだったNT204(右)
10月7日は急行「ゆのさぎ」運行の他に、のと鉄道が「のとてつフェスタ2017」を開催します。
このため、当初、140D〜141D〜144D〜145DはNT202劇場版花咲くいろはHSHラッピング車が単行で充当予定となっていますが、マジンガーZラッピング車(七尾方)含む2両編成に変更されるようです。
花いろラッピング車を目当てにされる方も多いと思いますが、136D〜137Dを単行で運用された後は穴水駅構内で翌日まで留置となりますので、花いろラッピングを狙って轟沈しませんようお気をつけ下さい。

なお、7日の急行「ゆのさぎ」充当車は、前日6日の124D〜125DでNT202劇場版花咲くいろはHSHラッピング車とペアを組んでいる車両が、この運用以降予備運用落ちとなって翌日充当されるようです。
また、9日の急行「ゆのさぎ」充当車は、7日急行「ゆのさぎ」充当車が8日予備運用落ち車両と入れ替わりで運用復帰し、予備運用落ちした車両が翌日9日の急行「ゆのさぎ」運用車となる予定ですので、9日の急行「ゆのさぎ」はプレミアムな列車になる予定です。

そして最後に重ねて記載しておきますが、急行「ゆのさぎ」の穴水発着番線はすべて2番線です。通常列車とは異なり、跨線橋渡ったホームになります。また、7日はこのホームはフェスタ開催時間中はステージとして利用されることになりますが、急行「ゆのさぎ」は変わらずこのホームから発着致します。跨線橋からホームにかけて通り難くなる部分がありますので、お気をつけてお通り下さい。

それでは皆様のお越しをお待ちしております。

2017年9月28日木曜日

第七回湯涌ぼんぼり祭り開催に伴う急行「ゆのさぎ」運転について

鉄道遊走、里見です。

ツイッターの速報の通り、10月7・9日の急行「ゆのさぎ」のダイヤが決定しましたので、詳細ページを作成致しました。

2016.10.10 のと鉄道七尾線西岸〜能登鹿島間 9140D「ゆのさぎ6号」
→詳細はこちら

今回も第一回、そして前回の第六回と同様に3連休中日が本祭という日取りのため、7日と9日の運転に別れることになりました。
7日は例年通り3往復、内、お昼時間帯の1往復がコスプレ団体の〜コスプレ列車〜となります。
この〜コスプレ列車〜は、着ぐるみコスプレ団体の団体列車ですが、一般の方もご乗車できる列車となっています。なお、座席を一部コスプレイヤー指定席、コスプレイヤー優先席、また車内で撮影等が行われますので、予めご了承下さい。
本祭を挟んで9日は、こちら鉄道遊走の都合から申し訳ありませんがお昼時間帯の1往復のみの運転となります。1往復のみですが、プレミアムな列車となる予定です。

本祭の8日は急行「ゆのさぎ」の運転はありませんが、喜船商店横でグッツ販売時間内の10時から17時頃まで記念券とグッツの頒布を行います。
頒布物は、これまでの頒布したものと今回新規の記念券セット、こちらも以前頒布した急行「ゆのさぎ」のヘッドマーク缶バッチクリップとマグネット、そして新規に76mmの大型缶バッチと缶バッチキーホルダーとなります。詳細は詳細ページをご覧ください。
これら頒布品は、急行「ゆのさぎ」車内でも頒布致しますので、売り切れの際はご容赦下さい。
また、これまでの印刷ミス券の交換も致しますので、必ず券番をスタッフにお申し出下さい。

それでは、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

2017年4月2日日曜日

2017年春 急行「ゆのさぎ」〜緒花見列車〜運転について

鉄道遊走、里見です。

2016.4.16 のと鉄道七尾線能登中島〜西岸間 9134D「ゆのさぎ4号」
ツイッターで速報しました通り、今年も4月15・16日に急行「ゆのさぎ」〜緒花見列車〜を運行します。

ダイヤにつきましては詳細な部分を調整中ですが、15日は3往復、16日は2往復運行予定です。
ダイヤの詳細につきましては、決まり次第お知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。

ダイヤの詳細が決まりました。
予定通り、15日は3往復、16日は2往復運行します。
使用車両は、NT204 NEW花咲くいろは(改)ラッピング車です。
※先方都合で急に車両が差し替わった場合はご容赦下さい
詳細はこちらです。

よろしくお願い致します。

2017年4月4日追記

2016年10月7日金曜日

第六回湯涌ぼんぼり祭り開催に伴う急行「ゆのさぎ」運転について

鉄道遊走、里見です。

諸事情から掲載が遅くなっていました、10月8・10日の急行「ゆのさぎ」ですが、詳細ページを作成致しました。

2015.10.12 のと鉄道七尾線能登中島〜湯乃鷺(西岸)間 9134D「ゆのさぎ4号」〜コスプレ列車〜
→詳細はこちら

今回は第一回以来の3連休中日が本祭という日取りのため、8日と10日の運転に別れることになりました。
8日はのと鉄道の都合から〜コスプレ列車〜の一往復のみとなります。
この〜コスプレ列車〜は、昨年同様の着ぐるみコスプレ団体の団体列車ですが、一般の方も無料で乗車できる列車となっています。なお、座席を一部コスプレイヤー指定席、コスプレイヤー優先席とさせて頂きますので、指定席にはお座りにならぬよう、また優先席もコスプレイヤーが着席する場合は譲って頂ますよう、お願い致します。
10日は3往復となります。花いろラッピングの3連運転もありますので、賑やかな一日になると思います。

本祭の9日は、喜船商店横でグッツ販売時間内の10〜18時に記念券の頒布を行います。
今回は、4月の運転見合わせをネタにした「列車遅延時発行硬券セット」を新規に頒布致します。これまでのものと合わせまして、よろしくお願い致します。記念券セットは急行「ゆのさぎ」車内でも頒布致します。
また、ミス券の交換も致しますので、スタッフに券番をお申し出下さい。

それでは、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

2016年2月29日月曜日

鹿島臨海鉄道6000形ガルパンラッピング車2016年3月の運用

鉄道遊走、里見です。

このページは、鹿島臨海鉄道6000形ガルパンラッピング車、2016年3月の運用のまとめページです。
運用が公開され次第、追記して行きます。

   (1号車)            (2号車)            (3号車)
     6006              6018              6011
1日 A11                A10               A14・A15
2日 A12・変A7*4         A11               A16・A17
3日 A8・A22            A12・変A7*4        A16・A17
4日 A23・A24           A8・A9            A19・A20
5日 A25・A24           A10A13          A21・A9
6日 A25・A24           A22               A10
7日 A25・A26           A23・A24          A11
8日 A27・A28           A25・A26          A12・変A7*4
9日 運用なし            A27・A28          A8・変A7*4
10日 A1・A2            運用なし           A8・A13
11日 A3・A4*1          A1・A2            A14・A15
12日 変A5*2            A3・変A4*1        A19・A20
13日 
14日 
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
30日
31日

*1 変A4:
  1140D〜141D〜152D〜153D〜168D〜169D
*2 変A5:
  118D〜119D〜132D〜133D〜144D〜1145D
*3 変A6:
  3111D〜122D〜123D〜136D〜137D〜148D〜1149D
*4 変A7:
  1142D〜143D〜156D〜157D〜172D〜173D〜182D〜1183D

※運用番号水色は大洗以南単行運用あり
 (但し、ここのところ変運用で2連となる場合が多い模様)

●ガルパンラッピング車2連運用

2016年2月28日日曜日

急行「ゆのさぎ」を運行した翌日以降の様子など

鉄道遊走、里見です。

最初にお断りをさせて頂きますが、“40年に一度の大寒波”ということで今回の遠征にはそれ相応の装備を持って自己責任で行動しております。
このような悪条件での撮影には相応の装備と経験が必要となりますので、それをご承知くださりますようお願い致します。

前日、貸し切り復路で一旦止んだ雪はその後降り出し、辺りを真っ白にするには十分な積雪量となっていました。
この日は朝の三本目、124Dに花いろラッピング3号車が充当されるので、早めに出て車の雪を払い出撃。コンビニで食料を調達し、ポイントに向かいました。
当初は能登中島の第1崎山踏切を目標にしていましたが、ブリザードで視界がなく、仕方なく先のポイントへ移動しました。能登でホワイトアウトを経験するとは思いませんでした。

2016.1.24 のと鉄道七尾線笠師保〜能登中島間 124D
このポイントなら林が風を遮るのでホワイトアウトしないのを見越して来ましたが、暫くして雪が弱くなり、「な〜んだ、さっきのポイントで待っていても良かったね〜。」なんて言っている内にまた吹雪はじめ、列車が通過した時が暗くて一番酷い状況でした。
個人的な意見ですが、花いろラッピング車って雨や雪を持ってくるような気がします・・・。

2016.1.24 のと鉄道七尾線笠師保〜能登中島間 123D
先ほどとは打って変わって雪が止みました。
写真だと分かり難いですが、歩いている道には長靴の裾近くまで新雪があるような状況でした。

2016.1.24 のと鉄道七尾線笠師保〜能登中島間 126D
雲の切れ間からうっすらと陽が差し込むような明るい条件で「のと里山里海号」の送り込み列車がやっていました。
この条件下で花いろラッピング車を撮りたかったです・・・。

2016.1.24 のと鉄道七尾線笠師保〜能登中島間 125D
そして雪がちらほら舞い始めるような状況で、花いろラッピングが戻って行きました。
やっぱりなにか持っていますよこのラッピング車・・・。

2016.1.24 のと鉄道七尾線笠師保〜能登中島間 128D
雪が小康状態になったので、花いろラッピングの折り返しを狙いに先ほど通過してきた第1崎山踏切のポイントに来ました。
128Dは本来先頭の1両だけが戻ってくる運用ですが、降雪対策からか、2両編成のまま戻ってきました。
しかし、天気はこのままを保つ訳なく・・・

2016.1.24 のと鉄道七尾線笠師保〜能登中島間 601D「のと里山里海1号」(後追い)
花いろラッピングと交換となる「のと里山里海1号」がやって来る頃には暴風雪に様変わりしていたのでした・・・。

2016.1.24 のと鉄道七尾線笠師保〜能登中島間 130D
ちょっとだけ勢いが弱まったところで来てくれたのは良かったのですけど・・・。

2016.1.24 のと鉄道七尾線西岸〜能登鹿島間 129D
マジンガーZラッピング車の時は視界良好なのに・・・

2016.1.24 のと鉄道七尾線西岸〜能登鹿島間 132D
西岸で交換となる132Dが来るころには吹雪はじめ・・・

2016.1.24 のと鉄道七尾線西岸〜能登鹿島間 131D(後追い)
さっきよりちょっとだけ明るいのが救いなのですけど、やっぱり花いろラッピングって雨や雪を運んできますよ、まったくもう・・・。orz

このあと、予定では花いろラッピングは入庫してしまうので、和倉温泉の総湯に浸かり、「のと里山里海3号」に乗車予定の同乗者を七尾まで送りました。ちょっと長湯して時間ギリギリになるというオチがありましたが・・・。
この頃から状況が悪化し始めており、同乗者の友人が「花嫁のれん1号」に乗車しており、その列車が40分以上遅れていて「のと里山里海3号」に接続できるかどうか不明との連絡が。更に、同じく「花嫁のれん1号」から「のと里山里海3号」に乗車する団体がいるらしいとの事。
こちらはどうにか七尾に到着したものの、果たして「のと里山里海3号」は無情にも「花嫁のれん1号」と接続することなく発車・・・。接続が取れないほど遅れが増したのかぁ〜と思いながら七尾線と並走する県道1号線を和倉温泉方向へ、のと鉄道線内に戻ろうと車を走らせているとバックミラーに写る1灯の前照灯・・・。なんと、「のと里山里海3号」の続行で「花嫁のれん1号」が来ていたのでした!
様々な事情があるのでしょうけど、

これ、接続取れたんじゃないの?

ここでハタと思い出しました。そういや「花嫁のれん」をまだ撮っていないことを。
丁度、赤浦潟の横に居たので、直ぐ折り返して来ることを想定して踏切横の畦道でひざ下まで雪に潜りながら待ち構えます。

暫くして踏切が鳴動して・・・

2016.1.24 JR西日本七尾線七尾〜和倉温泉間 134D
先に134Dが数分遅れでやって来ましたが・・・あれ? なんで花いろラッピング車なの??
・・・どうも131D到着後、通常の車両差し替えなしで折り返してきたようです。解っていたら別の場所で撮ったのに・・・。

2016.1.24 JR西日本七尾線七尾〜和倉温泉間 9002D「花嫁のれん2号」
134D続行で9002Dがやって来ました。「花嫁のれん」初撮影!
時間があればもう少し別の場所で撮影したかったですけど、こればっかりは仕方ないですね。
50分程遅れて上って行きました。

この後は人間の給油を済ませ、そういえば伐採して見通せる場所があったことを思い出してそちらへ移動。
確かに見通せるのですけど・・・

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登中島〜西岸間 604D「のと里山里海4号」
吹雪かれちゃなんも見えません・・・。列車が来るまでは視界があったのですけどねぇ・・・。

2016.1.24 のと鉄道七尾線西岸(湯乃鷺)駅
花いろラッピングが戻ってくるハズなので、とりあえず西岸駅の様子を見に来ました。
ここで先ほどの同乗者、合流した友人とで「あつあつ亭」で牡蠣三昧をしていたのですが、その横で花いろラッピングが入庫して編成がバラされたと、わざわざ連絡をしてくれたのでした。更にラッセルモーターカーが準備中とのこと。
ここで140Dを見送って、ラッセルモーターカーを待ちますがなかなか来ない。雪が強く降ってきたので駅舎に戻ったその背後、ナニか物音がするな・・・と、振り返った瞬間、ラッセルモーターカーが通過して行きました・・・。ついてない・・・orz
この後、追っかけるも残念ながら発見できず、イルミネーションの点灯時間となったので能登鹿島駅へ行くことにしました。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅
点灯直後だとまだ明るいので、こんな感じです。
142Dと605Dが交換の予定なのですが、また先程の同乗者からの連絡で142Dは後ろに花いろラッピング車を組成した2両編成とのこと。この位置だと2両目が邪魔になるので、

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅
反対ホームへ。
この時点で通路は膝近くまで雪があるような状況です。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅 142D
連絡通り、穴水方に花いろラッピング車を組成した142Dが数分遅れで来たのですが、対向の605Dは更に遅れているようで、交換なしで出発して行きました。
ちなみに、同乗者とその友人はこの列車で和倉温泉まで引き上げたのですが、ホント、この列車に乗っていて良かったねーということに。この時はこの列車が実質的な上り最終列車になろうとは思いもしませんでした。

遅れている605Dをここで待つつもりだったのですけど、さっきから車庫にスリップして入れない地元の車を流石に見ぬ振りができなくなってきたので、そちらの救援に。
まぁ、見事にハマっている&駆動輪が丁度鉄板の上に乗っているという状況で、手間がかかっている間に605Dは行っちゃいました・・・・。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅 141D
およそ8分遅れでやって来た141D。
こちらも実質的な下り最終列車になったのでした。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅
大分暗くなってきましたが、まだ戻ってきていないラッセルモーターカーを待ちます。
シャッタースピードを稼ぐために少しアンダー気味な設定としましたが、青色はこちらの方が綺麗ですね。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅
ラッセルモーターカーがやって来ました!

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅
途中、除雪して来たようですね。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅
そのまま通過するかと思いきや、一旦停止。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅
雪の重みで垂れ下がってきていた枝の除去作業を行っていました。

そうこうしているうちに144Dが入線。
直ぐに出て行くのかと思いきや、進行現示だったのがいつのまにか停止現示に。
144Dにかぶられたままではラッセルモーターカーが撮れないので事情を運転士氏に伺ったところ、どうも西岸駅のルートが取れず一旦停止現示に戻したとのこと。こりゃ反対側ホームに行くかどこか駅間に行かないと撮れないなと考えている内にモーターカーは行ってしまったのでした・・・。

さて抑止中の144D。復旧の見込みが立たないということで車内のお客さまはタクシー代行となり、そして暫くして・・・

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅 144D(後追い)
なんと運転打ち切り、駅留置手配となってしまったのでした。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登鹿島駅 144D
まさか、能登鹿島駅で火が落ちた車両を撮影できるとは思いもしませんでした・・・。
ただ、通路上で深いところはひざ上まで雪がある状況でしたから、仮に列車のみを動かしたとしても雪で途中立ち往生する可能性があり、致し方なかったと思います。後から考えると、この144Dだけでも穴水へ戻しても良かったのではないかなとはとは思いましたが。

こうなってしまったらどうしようもありません。
対向してきている143Dも、ルートが取れずに能登中島駅機外で止まっているということのようなので、とりあえず能登中島駅に向かってみました。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登中島駅 143D
143Dはなんとか駅に入れたようで、144Dと同じく駅留置手配となっていました。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登中島駅 143D
つか、なんですか?!この正面の雪山は・・・。大分雪押ししてここまで辿り着いたようです。途中の峠道で立ち往生しなくて良かったですね・・・。

2016.1.24 のと鉄道七尾線能登中島駅 143D
 そしてお家に帰れない緒花ちゃん・・・。

この後、復旧までの様子も見ていたかったのですが、流石にそこまでいる訳にも行かず帰路についたのでした。
なお、報道等からのと鉄道の復旧は翌日の昼過ぎだったようです。


○おまけ

2016.1.25 富山ライトレール富山港線城川原〜越中中島間

2016.1.25 富山ライトレール富山港線岩瀬浜〜競輪場前間

2016.1.25 富山ライトレール富山港線岩瀬浜〜競輪場前間
富山ライトレールの鉄道むすめラッピング車を撮ってから帰ったのでした。
これも2月末で終了なので、この時に撮っておいて良かったです。